医療事務 専門学校 男女比

意外と多い男性医療事務員

医療事務と言うと、女性の職業といったイメージが強いかもしれません。
しかし実際には男性の医療事務員も沢山いますし、男女の性別関係なくできる仕事です。

 

確かに、病院やクリニックなどの現場では女性の医療事務員を見かけることが圧倒的に多いです。
それは、医療事務のトータル的な男女比が1対9ほどだからです。
ただ、この男女比の割合は医療機関の規模によって多少違ってきます。
クリニックといった小規模的な医療機関では、ほとんどが女性の医療事務員。
しかしそれが総合病院といった規模の大きな医療機関になると、男性職員の割合が高くなります。
それでも男性の割合が女性を超えることはほとんどありませんが、中には、男女比が5対5と、ほぼ半々となっている病院もあります。
その理由としては、医療機関の規模が大きくなればなるほど、医療事務としての業務も多様化してくることが関係しています。
大きな総合病院では、夜間診療や夜間救急を行っていることが多いです。
となれば、夜間診療を担当する医療事務も必要となります。
夜間の時間帯となると、女性が勤務するにはなかなか難しくなります。
セキュリティ面から女性の事務員を夜間に入れたくないと考える病院も結構あります。
そのため夜間診療などを担当するのは、男性の医療事務員が多いです。
また、規模が大きくなればなるほど何かと力が必要となる業務も増えてきますし、大勢の医療事務員をまとめ上げる管理職としての仕事もあります。
男性の医療事務員は、女性では難しい面をしっかりカバーしてくれる頼もしい存在として活躍しています。

 

しかしこれが、医療事務の専門学校での男女比となると、病院とはまた違った割合になってきます。
ある医療事務の専門学校に通う男女比は、1対3といった割合だそうです。
意外に男性の割合が高いと思いませんか?
一般的なイメージよりも、医療事務の勉強を志す男性は結構いるのです。

 

とは言うものの、女性の割合の方が多い世界だけに、男性だと医療事務の専門学校に通いにくい、男性でも医療事務として就職できるかといった不安な気持ちになるかもしれません。
ですが、そんなことを気にすることはありません。
ほとんどの専門学校の募集要項の募集枠に「男女20名」と、男性の募集もしていることがしっかり書かれています。
ニチイやソラスト、日本医療事務協会などにいたっては、性別はもちろん、年齢や学歴といった制限なく講座を受講できるようになっていますので、全く問題ありません。
医療事務の資格試験においても、性別は関係ありませんので心配無用です。
ただ、就職においては小規模な医療機関は女性のみを募集していることが多いので注意が必要です。
比較的規模の大きな病院になればなるほど男性職員の需要が多くなる傾向にあるので、そういった就職先を選ぶといいでしょう。

 

ちなみに医療事務は、性別に関係なく働けるだけでなく、あまり年齢にもこだわらずに働ける職業でもあります。
医療事務として働く人の年齢層は、20〜60代ぐらいと幅広いです。
30代を中心とした、比較的年齢層が高い職場環境であることが多いです。
経験を積み重ねてスキルアップできる仕事なので、定年までしっかり働くことができます。

 

医療事務は転職もしやすく、パートなどの就業形態も様々あるといったメリットがあるため、ニチイやソラストといった専門学校では20〜30代の年齢層が多めです。
中には40代50代の受講生もおり、その年代からのスタートでもしっかり就職に繋げていくことができるのもメリットとなっています。

 

医療事務の資格を取得したい、医療事務として働きたいという気持ちがあるのなら、年齢、性別、学歴のことは考えず、思い切って医療事務の世界に飛び込んでみてはいかがでしょう。
様々な職業や年代の人が集まってくる専門学校の教室に一歩入れば、性別や年齢といった不安は、一気に吹き飛んでしまうことでしょう。