医療事務 専門学校 就職率

高い就職率は大きな魅力

医療事務の専門学校を卒業後の就職率は、実に9割以上とかなり高め。
実際のところ、この就職率の高さが魅力で入学する人も多いです。

 

医療事務の職場は総合病院、クリニック、歯科医院、調剤薬局など。
これらの医療機関は全国どの地域に行っても必ず存在する施設なので、住んでいる地域に関係なく就職しやすいのが医療事務のメリットです。
そのメリットを活かして、転職するのにも役立つからと資格を取得する人もいます。

 

また、医療事務の勤務形態は正社員、フルタイム、パートタイム、副業としてと様々な形で働くことができます。
正社員やフルタイムは、朝から夕方、晩といった時間まで1日しっかり働いて稼ぐことができます。
子育てが一段落したりして、フリーな時間がたっぷりある人に最適な勤務形態。
医療事務スキルを向上させつつ、やりがいを持って働けるでしょう。
パートタイムは、小さいお子さんがいても午前中のみ働いたり、介護の合間に働いたりと、空いた時間を有意義に使える働き方。
家庭との両立を図りながら、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

 

この他、副業としての働き方もあります。
保険請求事務いわゆるレセプト作成要員として、何件かの病院を掛け持ちしたりします。
レセプト作成は月末から月初めの期間に集中して行われる業務です。
最近では電子カルテに変わりつつあるので、レセプト作成自体は印刷ボタンをポチッと押すだけで済みます。
ただ、内容に不備がないかをチェックする作業は人間の目で行う必要があります。
その業務のみを担当しているのがレセプト作成要員です。
普段の診察の受付などの仕事は一切関わらず、レセプト作成のみの仕事を請け負います。
レセプト作成のスペシャリストとして持っているスキルをいかんなく発揮できますので、やりがいのある仕事です。
短い業務期間で済むので、ライフスタイルに合わせやすい勤務形態。

 

このように医療事務という仕事は、勤務形態の選択肢が多いことも高い就職率の理由となっています。

 

また、専門学校での就職サポートが手厚いことも、高い就職率に繋がっています。
例えば、東京医療秘書福祉専門学校では毎年90%以上もの高い就職率を維持しています。
その就職先として、有名大学病院の名前がズラリと並びます。
こうした専門学校では、大学病院や総合病院といった規模の大きい医療機関との繋がりがあるので、就職にもかなり有利です。
卒業後でも継続的に就職先をサポート、斡旋してもらえる点も嬉しいところです。

 

ニチイやソラスト、日本医療事務協会などの専門学校においても、就職サポートに力を入れています。
こうしたニチイなどの専門学校では、講座を開講するだけでなく、医療スタッフの派遣業務も行っています。
大学病院や公立病院などの規模の大きい医療機関から、医療事務業務全般を委託されていることも多いです。
委託を受けている病院への就職は、ニチイで採用されてから病院へ派遣される形になります。
ニチイからの医療事務の派遣社員として病院で勤めるのです。
このように専門学校では、常に就職の場を提供しやすいシステムが整っていることも、高い就職率に繋がっているのです。

 

多くの専門学校では、医療事務講座を修了した時点で、個別に就職について相談することができます。
資格取得の有無は関係なく無料で相談できますので、とても助かります。
専門学校によっては、履歴書の書き方や面接のコツなどをアドバイスしてくれる就職サポートセミナーを開いているところもあります。
こうしたセミナーを上手に利用していくことで、就職の可能性が広がります。

 

もちろん、就職には医療事務の資格を取得している方が断然有利になります。
ですが、医療事務は資格がなくても就職できる職業です。
講座を修了したことだけでも、十分就職に役立てることができます。
何より、就職において専門学校側からの手厚い斡旋、サポートをしてもらえるのがとても心強いです。