医療事務 専門学校 学費 相場

選び方に関わる大事な要素

医療事務を目指そうと思った時、やはり気になってくるのは学費がどれぐらいかかるかでしょう。
医療事務講座を受講するには、テキスト代や授業料など、ある程度の費用が必要です。
学校や受講するコースによって費用に違いがあるので、予算によってはそれで選択するコースが変わってくることもあります。
自分がどんなことを学びたいかと同時に、どれぐらい費用がかかるかもしっかり確認しておくことが大切です。

 

まず、医療事務の専門学校には大きく分けて2つあります。
1つは大原学園や東京医療秘書福祉専門学校といった総合的な専門学校です。
こういった専門学校では大学の学部のように、医療事務科という学科を選択し勉強することになります。
年間行事などもあり、学校生活を満喫しつつ医療事務の資格を目指すといった学びの場となっています。
1〜2年間と比較的長期に通学する形となるので、その分学費の相場も高めです。

 

例えば、東京医療秘書福祉専門学校の医療事務科の年間の学費は、授業料、施設設備費などで1,020,000円かかります。
それとは別に入学金として10万円を納める必要があります。
こうした専門学校に通うには、百万円単位のかなり高額な費用がかかります。
一般の大学へ通うぐらいの相場だと思った方がいいでしょう。

 

もう1つの医療事務の専門学校であるニチイや日本医療事務協会、ソラストといった学校の費用はそこまで高額になることはありません。
受講期間も3〜6か月ぐらいが一般的で、高くても数十万円といったところが学費の相場です。
先に紹介した専門学校が大学のような場だとすれば、こちらの専門学校は塾のような場だと言えます。

 

ただ、医療事務講座でも様々なコースがあり学費も違ってきますので、その辺りはしっかり確認しておく必要があります。
例えばニチイの医療事務講座の場合、通学か通信かで学費が違います。
通学で医科または歯科コースを選んだ場合は、税込90,180円。
通信で医科または歯科コースの場合は、税込60,480円です。

 

ニチイなどの医療事務講座では、割引制度を設けていることが多いです。
例えばニチイでは、受講後の就職先としてニチイの医療事務スタッフとして働くことで、受講料の半額をキャッシュバックするキャンペーンを行っています。
最大で8万円のキャッシュバックがあるというのですから、これはかなり大きいです。
期間限定となっていますが、こうした割引制度を上手に利用していくのがお得なので、見逃さないようにしましょう。

 

日本医療事務協会では、基本的な受講料としては、通学コースは税抜き42,700円、通信は税抜き31,000円となっています。
さらに電子カルテなどの授業を追加することによって、費用に違いが出てきます。
通学コースの場合4万〜15万円ぐらい、通信コースの場合3万〜13万円ぐらいと、選択する受講内容によってかなり費用が違います。

 

日本医療事務協会においても、医療事務講座の他に調剤薬局事務講座といった別の講座をセットで受講することで割引となる、セット割引制度を実施しています。
医療事務講座だけでも資格取得には十分ですが、その先の就職のことを考えれば幅広い知識を習得しておいても損はありません。
折角の割引サービスがあるのであれば、この際まとめて受講しておくのもいいでしょう。

 

最初に紹介した総合的な専門学校に比べ、ニチイなどで医療講座を受講する方が費用はかなり抑えられます。
その中でも、通学よりも通信の方が費用の相場は低めです。
手軽に受講したいのであれば、通信を選ぶのもアリでしょう。
ただ、通学と通信には、それぞれにメリットとデメリットがあります。
費用だけでみれば通信の方が安いので申し込みやすいですが、勉強の仕方も違ってくるので自分に合った勉強法のコースを選ぶことが大切です。

 

医療事務の専門学校選びではどういった環境で学びたいのか、どういった勉強法が希望なのかをまずは明確にしておき、それに合った講座、コースのあるところをいくつかピックアップします。
その上で、費用と相談しつつ、最終的に決定するのがいいでしょう。